KMCNetworking Night at MTRL KYOTO

2016-01-28(木)19:00 - 21:00

MTRL KYOTO (マテリアル京都)

京都府京都市下京区本塩竈町554

上田智章 大西拓人 原田博 Teruoka Masaki Kenji Orita hoehoe 山本学 初音玲 Uetsuji Masayoshi 浅田伸彦 M.Kosuga 住安 一平 Keiichiro Sato 林 宜憲 たけおか (Shozo Takeoka) Takehisa Ito + 6人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

1,000円 会場払い
ワンドリンク付き

KMCNetworking Night at MTRL KYOTO

タイトル

KMCNetworking Night at MTRL KYOTO

KMCNでミートアップイベント、やります!今回は、人生をコミュニティ活動に捧げた武仙@TMCNがKMCNに出張参加!司会を担当してみなさんのセンサー談義を盛り上げます!

会場もユニーク!最近モノヅクリをテーマにしたスペースが日本中にたくさん生まれていますが、中でも注目のMTRL KYOTOさんで開催!ぜひ遊びに来てください!

--
今回も会場を体験出来るデモでいっぱいにして、
みなさんのLightning Talkで盛り上がりましょう!!

こんな方にオススメ!

  • デザイナー:
    • 空間デザイン、企画を手がける方
    • NUIなどを使ったUXデザインを手がける方
    • 自分のデザインにインタラクションを持たせたい方
  • デベロッパ:
    • システム&アプリケーション開発
    • コンテンツ制作を手がける方
  • ユーザー:
    • これらシステムを使いたい方、興味のある方
  • コントリビューター: アンテナの高い方
    • 新しいモノやOpenInnovationに興味のある方

見所

  • みんなのデモ&LT大会

開催概要

  • 日時:
    • 1月28日(木) 19:00〜21:00 (open 18:45)
  • 場所:MTRL KYOTO (マテリアル京都)
    • 京都府京都市下京区本塩竈町554
  • アクセス:
    • JR京都駅徒歩15分、他
  • 地図:
  • 内容:
    • センサー&デバイスに関するLightning Talk
    • 自己紹介、事例デモ紹介、体験
    • ネットワーキング
  • 参加費用: 現地払い/ワンドリンク付き
    • 一般1,000円
    • 22歳以下の学生 無料
  • 参加人数: 20名予定

Lightning Talk登壇、デモ展示をご希望の方は、、、

お申し込み時にそれぞれLightning Talk希望!、デモ展示希望!とアンケートへのご回答をお願いします。
追って、事務局から折り返しご連絡でLT及び展示可否を判断したいと思います。LTには枠がありますのでご希望に添えない場合がありえますが、展示は基本、公序良俗に則った範囲であればOKになると思います。

Lightning Talk登壇者お名前/所属/テーマ (一部、順不同)


Manabe
真鍋 誠一@オムロン株式会社エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニーAOB事業部 事業推進部 HS開発課
「真鍋目線 - HVC-C2W「家族目線」の開発者秘話(仮)」
http://plus-sensing.omron.co.jp/egg-project/

Hatsune
初音 玲@TMCNテクニカルエバンジェリスト
「Windows10でMotionSensorを始めよう」
https://www.facebook.com/akira.hatsune

Takesen
伊藤 武仙@TMCN Co-Founder
「TMCNこんなことやってます!」
https://www.facebook.com/takehisa.ito

林さん@KMCN
「IoTCore+MonoStick+TWE-Lite2525A」

その他調整中

お願い

開催時に写真・ビデオの撮影を行い、SNSへの投稿等を行うことがあります。また、開催報告等でウェブへの掲載を行うことがありますので、事前にご了承をいただけますようお願いします。

幹事より

感性に「ビビっ!」と来たら、ご参加をお待ちしています!

コミュニティについて
Kansai MotionControl Network(KMCN)

Kansai MotionControl Network(KMCN)

体の動きでゲームコントロールができるMicrosoft Kinectは、カメラから人体までの距離データを用いることでその機能を実現しています。このように近年のセンサーやデータの認識技術の発達により、センサーで得られるものは無味乾燥な計測データを超え、人間がとったジェスチャーや何かの出来事が起こったことの認識、さらには人間の意図感情にまでその範囲を広げつつあります。 このデータの意味をとらえ...続きを読む

コミュニティに参加